歯のことQ&A

総質問数 33質問を投稿する


  • 回答する

    質問への回答数1

    矢崎歯科医院矢崎 稔也 先生

    A

    歯に被せ物をする場合と、詰め物をする場合で異なってきます。
    詰め物の場合はCR(コンポジットレジン)という樹脂を直接詰めるか、型を取ってCRインレーという詰め物を作って埋めることができます。どちらも保険が適応されます。
    被せ物の場合は糸切り歯(犬歯)の2本奥の第2小臼歯まではCAD/CAM冠という白い歯が保険適応になっています。その奥の歯、大臼歯に関しては患者様に金属アレルギーがない限り銀歯になります。金属アレルギーに関しては専門医療機関での証明が必要になります。
    但し、第2小臼歯までのCAD/CAM冠による治療は支払基金に各歯科医院が届け出を行っていないとできない決まりになっておりますので、事前に受診する歯科医院にお問い合わせされたほうがよろしいかと思います。

    回答日時 2017-09-13 12:32:42

  • 回答する

    質問への回答数3

    やすおか歯科医院安岡 大介 先生

    A

    兵庫県加東市 やすおか歯科の安岡です

    まず国の医療保険の考え方は
    贅沢言わないでね‼️
    噛めたらいいでしょ‼️です

    お金がなくて治療を受けることができない人をなくす為に考えられた素晴らしい制度ですが、その反面 皆さんに分かりやすいのは
    まずは色です
    銀色の詰め物は安いから国が医療費の補助をしてくれます
    白 セラミックの詰め物や被せ物になると高いのでそこまでは面倒見れないよ、ということになります
    前歯だとさすがに銀色入ってると格好悪いので一応 白の被せ物になりますが、、セラミックではなくレジンと言われるプラスチックの白になります

    プラスチックは吸水性がある為、
    汚れがつきやすい
    経年的に色が変色しやすいというデメリットがあります

    確かに医療保険適応外の治療は高価です
    ただ一つ覚えておいていただきたいのは、我々 歯科医師がスタッフや自身の家族を治療する時に医療保険適応内の詰め物 被せ物を入れることはほぼほぼないでしょう
    それくらいあまり良くないと分かっているからです

    しかし、お金

    回答日時 2017-09-17 06:41:19

  • 回答する

    質問への回答数1

    矢崎歯科医院矢崎 稔也 先生

    A

    銀歯の種類にもよると思います。
    現在保険治療で多く使用されている金属である金銀パラジウム合金なら劣化はないと思います。
    金銀パラジウム合金とは、金12%パラジウム20%銀40%その他の金属という成分でできております。パラジウムというのは白金系の金属です。
    30年歯科医をしておりますが、30年前に入れた金銀パラジウム合金もいまだに問題がないものがほとんどだと思います。
    ダメになる場合は歯ブラシのかけ方など、ケアに問題があり2次的な虫歯になり金銀パラジウム合金の銀歯を外すことがほとんどです。
    ただし、最近は使用されなくなってきておりますが、まだ保険で使用されている金属でアマルガムという銀歯があります。
    銀とスズの合金に銅や亜鉛を添加した粉末を、水銀で練ったものを歯に詰める治療方法です。
    これも銀歯に見えますがコレは劣化していき黒くなっていくので交換したほうが良いでしょう。
    変色の他に水銀を放出して行くので外国では使用しないところが増えております。

    結論を言えば金銀パラジウム合金なら劣化はないので交換する必要はないと思います。

    ただし、
    劣化による交換を考える以前に症状が出ているはずですから、微量金属に金属アレルギーのある患者様はこの限りでありません。

    回答日時 2017-09-13 13:10:38

  • 回答する

    質問への回答数1

    矢崎歯科医院矢崎 稔也 先生

    A

    奥歯の詰め物は保険では、いわゆる銀歯になる場合と、樹脂を使用した白い詰め物どちらでも選択可能です。強度などの問題から銀歯を勧める歯科医師もいるかと思いますが基本的にはCR(コンポジットレジン)という樹脂を直接歯に詰めたり、型を取ってCRでインレーという詰め物を模型上で作って詰めたりすることができます。歯科医院で相談してみてください。

    回答日時 2017-09-21 21:51:47

  • 回答する

    質問への回答数1

    ヤマダ歯科山田 靖博 先生

    A

    1)虫歯で削る量(部分的なものか、完全にかぶせるか)。2)根の治療が必要かどうか(神経が生きているかどうか)。3)セラミックの歯を入れる予定の部位(奥歯か前歯か)。それと一番患者さんにとって重要なことは、1)費用。2)審美的な要求度の程度。以上の点を十分な説明を受け判断することが必要です。

    回答日時 2017-09-21 21:30:31

  • 回答する

    質問への回答数2

    牧山清志オーラルクリニック牧山 清志 先生

    A

    ハイブリッドとセラミックであれば、圧倒的にセラミックをおすすめします。ハイブリッドセラミックは時間が経つと透明感がなくなってきますし、温度変化による変化がセラミックに比べて大きいので長く使うと不適合になりやすいと思います。せっかく費用をかけて治すのであれば、セラミックのほうが良いのではないでしょうか。ただセラミックだと硬すぎるという欠点もあるので、あまり見えない場所であれば、他の材料を検討しても良いとは思います。

    回答日時 2017-10-16 15:39:06

  • 回答する

    質問への回答数2

    大倉歯科医院綿谷 昌起(わたたにまさき) 先生

    A

    被せ物と歯の境目に段差が出来てしまってその段差の部分が気になってしまっているかと思います。段差になるとどうしても磨きにくく虫歯になりやすいので歯に合った新しい被せ物にした方がいいです。ほっぺや舌に長期間、合わない被せ物などが接しているとガンの原因になることもあります。

    回答日時 2017-09-19 21:57:32

  • 回答する

    質問への回答数1

    大船駅北口歯科杉山 貴志 先生

    A

    詰め物や被せ物を長くしていると歯と詰め物の境目から虫歯になったり、つなぎ目が大きかったりした場合にはその部分に汚れがつきやすくなったりすることで歯周病や虫歯、口臭の原因となることがあります。
    そのため、必ず詰め物や被せ物を長くしているからと言って交換する必要性はなく、問題となっている場合のみに交換が必要となります。
    必要のない詰め物や被せ物を撤去すると必要のない歯を削ったりすることにもつながりますので要注意です。
    まずは歯科医院に定期的な管理のために受診していただき、被せ物の再製が必要であるのかどうかを判断していただくことが良いでしょう。

    回答日時 2017-09-20 16:43:12

  • 回答する

    質問への回答数1

    大船駅北口歯科杉山 貴志 先生

    A

    治療対象が前歯なのか 奥歯なのかによっても使用する材料は違いますし、
    保険診療で行うのか 自費診療で行うのか によっても使用できる材料は変わってきます。
    また前歯であっても神経のある歯であるのか 神経のない歯で金属製の土台(アバットメント)が入っているのかによっても
    選択する材料も異なります。
    審美性を求めるのであればやはりオールセラミックという材質を使用することになります。
    保険は適応されませんので、各歯科医院によって治療費は大きくかわります。
    オールセラミックといってもその種類は多くあり、使用する材質によっても治療費はかわりますが、
    安い歯科医院であれば1歯分で5万円程度、素材によっては15万円程度です。
    治療を受けられる歯科医院で治療開始前にご確認されることが必要です。
    先にも記載しましたが、歯の状態によっても最も審美性の高い材質は変わってきます。

    回答日時 2017-09-20 18:23:35

  • Q

    虫歯を治療するにあたり、被せ物の種類などを教えてください。

    カテゴリ
    美容診療

    回答する

    質問への回答数1

    御影歯科クリニック秋山 博道 先生

    A

    被せ物の種類はたくさんありますが、簡単に説明するとまず保険診療で可能なものと自由診療のものがあります。
    保険診療は国で決められたものしか使用できません。おもに銀歯とよばれるパラジウムを主とした合金です。
    自由診療ではすべてのものが選択できます。歯や体に良い材料としてセラミックや金などがよく用いられます。
    虫歯の部位や大きさによっても違いますので、治療する前によくご相談されることをオススメ致します。

    回答日時 2017-09-17 23:59:15

  • Q

    被せ物の種類はどんなものがあるのでしょうか?

    カテゴリ
    美容診療

    回答する

    質問への回答数1

    後楽園デンタルオフィス小川 隆介 先生

    A

    現在、歯科における被せ物の種類は非常に多くございます。 金属の被せ物でも、保険診療で使用される金銀パラジウム合金、保険外診療のゴールドクラウン。 また、保険外診療で使用されるセラミックでも、ハイブリットセラミック、メタルボンドとも言われる陶材焼き付鋳造冠、金属を使用しないオールセラミック。そしてセラミックでなく白さ強さを改善できるジルコニア、ジルコニアを金属の代用として使用するジルコボンド。 様々出てきております。

    回答日時 2017-10-16 23:04:20

  • 回答する

    質問への回答数1

    大船駅北口歯科杉山 貴志 先生

    A

    おそらくコンポジットレジン(CR)という材質のことと思われます。
    保険で使用されているCRはどうしても多少の変色を起こします。
    変色だけで虫歯になっていない等の問題がなければそのまま経過を見ることも一つの方法ですが、
    前歯等見える部分の場合、やはり見た目が気になりすよね。
    もし、審美的に気になるのであれば歯科医院でご相談されて下さい。
    虫歯等 歯自体に問題がなければ治療はさほど複雑になることはないかと思います。
    またどのような治療もそうですが、治療開始前に患者様ご自身の希望をしっかりと担当歯科医師に伝えることも大切なことです。

    回答日時 2017-09-20 18:28:14

  • 回答する

    質問への回答数3

    大船駅北口歯科杉山 貴志 先生

    A

    歯科医院によってローンを組めるところとそうでないとことがありますので、
    事前にご相談されて下さい。
    インプラント治療はどうしても高額になるので多くの歯科医院でデンタルローンがあると思います。
    治療費は本当に大切なことですから治療開始前に十分ご納得された上で治療をお受けになられて下さい。

    回答日時 2017-09-20 18:30:15

  • Q

    審美歯科とは、何ですか。

    カテゴリ
    美容診療

    回答する

    質問への回答数74

    あきる歯科濱窪 洋平 先生

    A

    外観(見た目)の改善を目的として治療を行う歯科治療です。
    前歯の変色や、保険の銀歯、歯のねじれなど、機能的に障害は出ていないが見た目が気になる場合の治療になります。

    回答日時 2016-02-25 02:51:40

  • 回答する

    質問への回答数73

    あきる歯科濱窪 洋平 先生

    A

    保険の治療で、通常の歯石を取る場合に機械的歯面清掃という項目で歯の表面の汚れや着色をとる処置があります。ただし、こちらはあくまで表面のばい菌を清掃で減らそうというものなので、完全に着色を取る処置とは異なります。
    着色を完全に取りたい場合は保険外でクリーニングを行うことになります。

    回答日時 2016-02-25 02:51:40

  • 回答する

    質問への回答数74

    あきる歯科濱窪 洋平 先生

    A

    詰め物も永遠に持つわけではありません。詰め物をくっつけている接着剤が劣化した場合や、詰め物自体の劣化により強度が弱くなり割れてしまうこともあります。軽度で気が付かない場合、その隙間から虫歯になってしまうこともあります。
    歯科医院での定期検診、レントゲン殺意、自覚症状の発生によって発見できます。

    回答日時 2016-02-25 02:51:40

  • 回答する

    質問への回答数74

    あきる歯科濱窪 洋平 先生

    A

    歯の表面から日常お口入る食べ物や嗜好品から、歯の色自体が年々黄色くなる傾向はあります。全体的に昔より黄ばんできたという場合は、虫歯ではなく、生体の正常な反応です。この場合はホワイトニングを行うことで白くすることが可能です。また、神経をとる治療を行った歯は、年齢と共にグレーがかった色になってきます。こちらも虫歯では有りません。

    回答日時 2016-02-25 02:51:40

  • 回答する

    質問への回答数74

    あきる歯科濱窪 洋平 先生

    A

    見た目の色が気になる場合はホワイトニングをおすすめします。
    見た目の問題がなければ、歯の清掃を行い、これ以上表面に汚れが残らないようにしていただければ、虫歯になることは避けられます。

    回答日時 2016-02-25 02:51:40

  • Q

    白い詰め物は保険でできますか。自費診療とどう違いますか。

    カテゴリ
    美容診療

    回答する

    質問への回答数75

    なかの歯科中野 雅哉 先生

    A

    小さい虫歯ならCR充填という方法で詰めてしまいます。型を取るような大きな虫歯ではCRインレーというのがありますが破折、変色が多くあまりお勧めできません。かぶせものでは、犬歯より前の歯は金属冠の表だけレジンで白くします。小臼歯はCAD/CAM冠というレジンとセラミックのハイブリッド冠が保険適用です。自費医療では使う材質にもよりますが、一般的にはより審美性を高めることができます。

    回答日時 2016-02-24 21:45:45

  • Q

    金属の詰め物がアレルギーの原因になることはありますか。

    カテゴリ
    美容診療

    回答する

    質問への回答数59

    あきる歯科濱窪 洋平 先生

    A

    有ります。金属アレルギーはある日突然症状が出ることもありますので、お口の中に金属があり、金属イオンが唾液の中に溶け出す環境であれば金属アレルギーを発症する可能性があります、

    回答日時 2016-02-25 02:51:40