MRT NEO株式会社
このエントリーをはてなブックマークに追加

歯の着色を防ぐちょっとしたコツ コーヒーを飲む前に

pixta_23317138_M
歯科医.com

「歯の色が汚くて見栄えが良くない……」と思ったことはないでしょうか。
他には、「ホワイトニング治療をしたのに最近歯の色がくすんできた……」などという人もいると思います。
「歯の着色」はとても悩ましい問題ですよね。
毎日歯はきちんと磨いているのに、なかなか歯の色が落ちないという人は、他に原因があるかもしれません。
今回は、歯の着色を防ぐためのちょっとしたコツをご紹介します。
家庭ですぐにできることが多いので、習慣化して歯の美しさを守りましょう!
3
オフィスホワイトニング
写真提供:医療法人社団恒誠会 安岡歯科医院

歯の着色はなぜ起こる?

そもそも、なぜ歯の着色は起こってしまうのでしょうか?
歯の表面というのは、一見するとつるつるしているように見えます。
しかし実際に拡大してみてみると、歯の表面はデコボコしているのがわかります。
この表面のデコボコ部分に着色汚れの原因となるステインが付着することにより、歯磨きでは簡単に落ちないような歯の黄ばみが発生してしまうのです。
歯をきちんと磨かずにステインをそのまま放置しておくと、汚れが上にどんどん重なっていきます。
そうなると歯の表面に着色しやすくなってきてしまいますし、下の方の汚れをとるのもだんだん手間がかかるようになります。
こうして歯の色が白から黄色に変わっていってしまいます。
こうした汚れをためないためにも、毎日の丁寧な歯磨きが大事になってくるわけですね。
では、歯磨き意外に有効な手立てはあるのでしょうか?
4
歯の着色
写真提供:医療法人社団恒誠会 安岡歯科医院

色の濃い食べ物・飲み物をセーブする

色の濃い食べ物・飲み物は歯の着色の主な原因の一つです。
例を挙げると、カレー、コーヒー、ワインなどが代表的です。
食べ物ではありませんが、タバコも歯の色に大きな影響を与えます。
これらのものを一切断ちなさい、というのは流石に無理があります。
しかし、日々の生活の中でこれらを食べたり飲んだり吸ったりすることをセーブすることはできます。
また、もしそれらを食べたりした場合は、なるべく歯に色が移らないうちに早めに歯を磨いたり口を濯いだりする、というケアが有効です。

こまめに口をゆすぐ

上に挙げた食べ物や飲み物以外でも、普段から食事の後や休憩時間などにこまめに口を濯ぐ習慣をつけることもおススメです。
特に外食の後などはすぐに歯を磨くことができません。
ですから色の固着をなるべく和らげるためにも、口をゆすぐだけでもこまめにするように心がけましょう。
口を濯いである程度汚れを流しておけば、歯磨きをする際に長い時間をかけて一生懸命やらなくても十分汚れを除去できるようになります。

重曹水でうがいをする

どこの家庭にもある重曹、実はステイン除去の強力な武器になるのです。
重曹は研磨力が強いのが特徴で、ステインを取り除いて歯を白くしてくれる効果が期待できます。
加えて口臭を防止する効果ももっています。
では、どう重曹を使えばいいのでしょう?
重曹は研磨力が強いので、重曹をそのまま歯ブラシにつけて磨いてしまうと、歯の表面を傷付けてしまう危険があります。
そのため重曹を使用する際には、コップ一杯の水に小さじ1杯程度の重曹を溶かして、念入りにうがいをする形で使用するようにしてください。
「磨かないのにステインがとれるの……?」と疑問に思うかもしれませんが、うがいでも十分に汚れを除去することができますので安心してください。
なお、間違っても工業用の重曹は使用しないように気を付けてください。
必ず食用の重曹を用意しましょう。

ホワイトニング用歯磨き粉を使用する

日々使用する歯磨き粉のほかに、ホワイトニング用歯磨き粉を歯磨きに取り入れるのも効果的な対策です。
ホワイトニング歯磨き粉にも研磨剤が含まれており、歯の表面、その奥に付着したステイン・着色を落としてくれます。
この研磨剤により歯についてしまったステイン・着色が落ちて白くなったと実感できるという訳で、実際に歯の表面を白くしてくれるわけではないことに注意しましょう。
以上のような効果がありますが、磨きすぎには気をつけましょう。
ホワイトニング歯磨き粉を用いて歯を力を込めて磨いてしまうと、逆に歯のエナメル質が傷ついてしまったり、歯茎を傷つけたりして虫歯・歯周病に繋がることもあります。
また、歯の表面が傷ついてしまうことで余計に表面が着色しやすくなったり、エナメル質が薄くなってしまうことにより歯の内部の象牙質の色が目立ってしまい、余計に歯が黄色く見えてしまう可能性もなくはありません。
色が特に気になるところにだけ使用し、優しく磨くのが効果的な使い方といえると思います。

ガムをかむ

歳とともに唾液の分泌量は減ってきます。
この唾液は、歯の色素沈着を防いでくれるはたらきがあります。
歯の表面を唾液で濡らしておけば、コーヒーなど色素沈着しやすい食べ物・飲み物による着色もおさえてくれます。
ですからなるべく唾液は多く分泌させるべきなのです。
そこで、無理矢理唾液を出すために、休憩時間や家にいるときはなるべくガムをかむようにすることも対策の一つです。
ガムでなくても、珍味やクッキーなどかみごたえのあるものを食べるのもよいでしょう。
物をかんで顎を動かし、唾液を多く出すように習慣化することによっても歯の着色を防ぐ効果が期待できます。

最後に

歯医者さんで汚れを落としてもらう:PMTC
コーヒー・紅茶・タバコ・赤ワインといった日常生活の中で着色のリスクはたくさんあります。
上記の方法で着色しにくくはできますが、歯の表面についたしつこい汚れやステインは簡単には落ちません。
まずは歯医者さんに行って、専用の器具でステイン除去と表面をツルツルに磨いてもらってから、着色しにくい工夫を行うのがおすすめです。
 

お近くの歯医者で対応歯科医院を検索!

ホワイトニング治療対応の歯科歯医者を探す!