MRT NEO株式会社
このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅ホワイトニングと歯医者ホワイトニングの方法と違い

pixta_16491549_M
歯科医.com

誰もが白い歯に憧れていると思います。
いざ自分の歯をホワイトニングして白く美しい歯を手に入れたい、と思ったとき、どのような方法があるのでしょうか。
歯科医院、自宅両方で複数の方法があります。
今回はホワイトニング方法についてご紹介していきます。

歯科医院でホワイトニング

安心かつ効果的なのは歯科医院でのホワイトニング治療です。
オフィスホワイトニングは歯医者で歯の表面に薬剤を塗り、光を当てて活性化させ歯を白くします。
できるだけ早く白くしたい方に効果的です。
効果は半年から1年くらいなので、ホームホワイトニングや美白歯磨き粉を使って持続させると白さが長く続きます。
歯自体に強い変色がありホワイトニングでは白くできない方や、何度もホワイトニングをするのが面倒な方にお勧めなのがラミネートべニアという方法です。
ラミネートべニアは歯の表面を一層削り、セラミックを貼りつける方法です。
白いものにすれば色が変わることなくずっと白いままでいられます。
また、芸能人が良くやっているのはオールセラミック法で、セラミックの歯を差し歯として使う方法もあります。
費用はかさみますが、着色などの汚れのメンテナンスをあまりしなくても済みます。

自宅でホワイトニング

自宅でホワイトニングをする方法はいろいろあります。
最も一般的なのは、美白用歯磨き粉を使用することです。
最も手軽な方法ではありますが、多少白くなる程度です。
人によってはつやが出る方もいます。
美白用の歯磨き粉には歯の表面の汚れを落とす研磨剤と、ステインを浮き上がらせる成分が含まれています。
歯医者で行うホワイトニングをしてから長く白さを保ちたい方や、もともと白い方には効果的です。
他には「歯のマニキュア」や「歯の消しゴム」といった市販の商品を使用する方法もあります。
これらは歯の表面に塗る、表面をこすることで歯を白くする効果を持っています。
また、ホームホワイトニングといって、専門の歯科医院で自分の歯に合わせた専用トレイ(マウスピース)を作ってもらい、それを家に持ち帰って自分の好きな時に歯に装着し、徐々に歯を白くしていく方法もあります。
同じく歯科医院で処方してもらったホワイトニング用のジェル(薬剤)をマウスピースに流し込み、毎日約2時間装着します。
ホームホワイトニングは濃度の低い薬剤を使うため白くなるのはゆっくりですが、薬剤が深く浸透するので白さを長期間保つことができます。