MRT NEO株式会社
このエントリーをはてなブックマークに追加

銀歯がある人は要注意! 丸ごとかぶせる銀歯は虫歯になりやすいってホント?

銀歯がある人は要注意! 丸ごとかぶせる銀歯は虫歯になりやすいってホント?|Denpre(デンプレ)
歯科医.com

虫歯治療で、歯をすっぽりと覆うように銀歯を入れたことのある人は結構多いのではないでしょうか? 実は、銀歯は虫歯になりやすいので注意する必要があるのです。最近では銀歯の代わりに金属やプラスチック、またセラミックのつめ物(インレー)を使うことも多いようです。治療を受ける私たち自身が銀歯についての知識を身に付けておけば、より安心できますね。

銀歯の、ここが危ない!

 

銀歯は、隙間ができやすいって知っていましたか? 歯と銀歯を接着させるセメントが何年も立つと徐々に崩れてしまい、隙間ができ、そこに虫歯菌が入りこむことがあります。そうなってしまうとどんなに歯磨きをしても、銀歯の内側で繁殖する虫歯菌を除去することは不可能。虫歯は進行する一方です。ある日突然、銀歯がポロッと取れたら中の歯では虫歯が進行していた、ということもあります。

 

日本で使われる銀歯は金銀パラジウム合金というもので、体に良いと言われる金の含有率がたったの12%です。保健が適用されない金歯(ゴールド)や白金加金(PGA))に比べると体に良くはない代用金属ですが、金銀パラジウム合金は保険が適用されます。ちなみに歯科医師の中には「身内には高くても必ず金歯」という方も少なからずいるようです。

金属には水に触れると溶け出しやすい性質があるので、銀歯を入れることで金属成分がイオン化して溶けてしまうだけでなく、金属アレルギーになることもあります。ひどい場合だと、口の中だけでなく手足に湿疹などのアレルギー症状がでることもあります。

 

しかし、銀歯が一概に悪いわけではありません。
元々銀歯は、身体に馴染みやすい材料であるため、隙間ができることなく、口の中にきちんとはまるのです。また強度が高いという特徴もあります。

 

銀歯のケアも忘れず

ではすでに口の中にある銀歯は、どんなことに気を付けてケアすればいいのでしょうか?

 

まずは、銀歯と歯の間に隙間がないかチェックしてみましょう。

最初にデンタルフロスをしてみてください。引っかかるときやほつれるときは、要注意。銀歯と歯の間に隙間ができている恐れがあります。

また、銀歯が疼いたり、しみたりするときも要注意です。そういうときは、歯医者さんにできるだけ早く診てもらいましょう。銀歯は、一度入れるとつい放っておきがちですが、毎日の歯磨きタイムで気にかけるようにすることが、虫歯の早期発見につながります。

 

今人気!セラミックの魅力

最近の虫歯の治療で選ばれているセラミック。

セラミックは、実際の歯と見分けがつかないほど自然に作られている、かぶせ物の陶器の歯のことです。
最近のセラミックは、耐久性も良く、錆びず、見た目もいいといわれています。またセラミックは硬く、表面に傷や汚れもつきにくいという特徴もあります。
笑ったり口を大きく開けたりしたときに銀歯だと目立ってしまうけど、セラミックなら問題ありません。セラミック入れているよ、と言わなければ、相手も気がつかないほどです。

歯の白さの度合いを選べるから、肌と同じように歯も白く美しくしたい人は、断然セラミックがおすすめです。さらに色が落ちたり黄ばむこともないので、半永久的に白く美しい歯を保つことができます。

 

ただしセラミックにも、いくつか注意点があります。

 

1)銀歯やメタル素材に比べると壊れやすい

セラミックは金属素材に比べると、陶器の素材のため脆いという点もあります。そのために、割れてしまうというリスクがあります。

 

2)保険診療として認められないケースが多い

銀歯と比べると、どうしても高額になってしまう点がセラミックにはあります。ほとんどが保険適用外なので、歯1本で3~5万円など多めの予算を想定しておく必要があります。

 

お値段は若干高いにしても、健康面でも美容面でも魅力的なところがセラミックの特徴です。虫歯ができないのが一番ですが、もしできた場合は、セラミックを検討したいところですね。そして、すでにある銀歯が虫歯になることのないよう、しっかりとケアを忘れずにしましょう。

Text:阿部裕子
 

お近くの歯医者で対応歯科医院を検索!

一般歯科対応の歯科歯医者を探す!

——————————————————————————————————-
【編集部コメント】

かぶせものは、治療後のケアも怠るわけにはいかないようです。自身の歯の状態をかぶせものも含めてしっかりと理解し、保っていく必要があるんですね。
それが大変だと思う方は、とりあえず歯医者さんに相談してみるのも手です。医科歯科.comから、すぐに予約できる歯医者さんをまずは探してみましょう。

医科歯科.com
——————————————————————————————————-