MRT NEO株式会社
このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医師監修|【自分にあった歯磨き習慣を!】歯ブラシの硬さを使い分けてますか?

歯科医.com

好きな色やデザインを選ぶのが楽しい歯ブラシですが、本当に自分に合った歯ブラシなのかということに、自信がある人は少数派なのではないでしょうか。
実際に、間違った歯ブラシ選びは歯や歯茎を傷めたり、歯周病などのトラブルを招く可能性もあるものです。
ここでは、一番分かりにくくて迷うことの多い、歯ブラシの「硬さ」についてお話しします。

「好みでOK!」の歯ブラシ選び

現在市販されている歯ブラシ製品のタフト(房、毛束)部分の材質については、「ふつう」「かため」「やわらかめ」などの分類名で表示されていることが多いです。
同じ品質表示でもメーカーごとに感触が異なるのは、品質表示の基準が複雑で、試験データと製品の使用感には大きな開きが出てしまうことが多いと言われています。
そのため、これらの表示はあくまで「目安」とし、メーカー側はユーザーが「お好みで選ぶ」ことを前提としています。

歯ブラシも「ふつうが一番」?

歯ブラシの理想の硬さについては歯科医の意見もまちまちですが、やはり「ふつう」の歯ブラシの支持者が多いようです。
形、硬さとも、奇抜なものよりはスタンダードな仕様が結局は一番使いやすく、ブラッシング効果が高いと言われています。
ちなみに、やわらかすぎる歯ブラシは、フニャフニャのホウキと同じで歯垢の除去力が足りなかったり、毛先がすぐ開いてしまうので、一般的にはあまり薦められませんが、歯茎の腫れや、歯周病の進行により歯茎が腫れている方などの事情がある人には向いていることもあり、歯磨き時の痛みが少ないため推奨することもありますので、一概に良い悪いとは言えません。

歯と歯茎をいたわる歯ブラシを選ぼう

好みの硬さの歯ブラシは、複数のメーカーの製品を購入して比較できれば理想ですが、そこまでこだわらない人ならば、まずは「ふつう」から試してみるのが王道です。
ちなみに、歯ブラシ選びにおいてはかつて、「やや硬め」のものが推奨されていた時代がありましたが、つい強い力で磨いて歯や歯茎を傷めることがあるので、「ふつう」の硬さの歯ブラシが無難でしょう。
「かため」の歯ブラシは、歯と歯茎が健康で、ブラッシング圧が非常に優しく磨くことができる方が軽い力で磨くのに向いているかも知れません。
基本的には個人の好みで歯ブラシの硬さを選んでかまいませんが、どうしても迷ったときは歯科医師に相談してみることをおすすめします。

 

お近くの歯医者で対応歯科医院を検索!

オーラルケア治応の歯科歯医者を探す!