MRT NEO株式会社

【歯科医師アンケート|入れ歯】出来上がった入れ歯が気に入らなかったら…?

歯科医.com

Q:保険で作った入れ歯が気に入らなかったときにすぐに作り直せる?

原則、現在の健康保険法では、同じ部位(上あご・下あご)の保険診療での作り直しは、6か月経過しないとできません。

「気に入らない、あわない」(不注意での破損等を含む)というだけでは、保険診療の適用はできず、自己負担になります。しかしながら、入れ歯の不具合があると日常の食事がしにくい、生活に支障がでるなどの様々なトラブルが予想されます。更に保険適用外で作り直しだと、高額な費用がかかりコスト面でも負担が大きくなってしまいます。

では、出来上がった入れ歯が「どうもしっくりこない・・・。」「事故や不注意などで、入れ歯が壊れてしまった・・・」といった場合はどのような対処法があるでしょうか。

 

<治療を行った歯科医院にて歯科医に相談>

かかりつけの歯科医院に相談しましょう。大きく分けて2つの解決策があります。歯科医師より届いた回答を基にまとめました。

 

解決案1 部分調整や修理にて対応

できあがった入れ歯を装着して不具合があった場合や使用中に破損した場合、まずは治療を行った歯科医院にて担当の歯科医師に相談しましょう。装着時、どのような不具合や違和感があるのかを具体的に相談すると、一部の調整や修理ですむ場合もありますので、半年待ってすべて作り直すよりも早く解決できることが多く、全てを作り直すよりコストもかからずに済みます。

歯科医師・医院によっては、相談した結果、入れ歯作製段階や治療過程で、歯科医院側で落ち度があったなどの場合は、作り直しに応じるといった回答もありました。そうはいっても、作り直す間の時間は不便を強いられることになりますので、作製の段階で不明点等をできるだけ歯科医師に相談しながらすすめ、より良い仕上がりにできるといいですね。

 

解決案2 全額自己負担にて対応

どうしても、部分調整や修理では難しく、半年待つことはできない・・・といった場合は、全額自己負担であれば、作り直しが可能です。

 

<例外も! 保険適用で作り直し可能な場合>

例外的に、作製から半年以内でも例外として保険適用で作り直しが可能な例もあります。欠損部位が増えた場合です。入れ歯を作成したものの、当初残っていた歯が新たに欠けてしまった場合においては、保険適用で作り直しが可能です。

 

<まとめ>

今回は、入れ歯の作り直しについて、多くの歯科医院の先生にご協力をいただきました。

下記ページもご参考になれば幸いです。

◇URL:https://icashica.com/shica/faq/37

 

厚生労働省でも、歯科保健医療対策を推進しようと調査を実施。80歳で20歯を有すること(8020)を目標として設定しているようです。

引用元:https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/62-28.html

(厚生労働省:平成28年歯科疾患実態調査より)

*平成28年度の平均年齢は、男性80.98歳、女性87.14歳(同厚生労働省データより)

ここ数年では、食事だけでなく歯が身体全体の健康にかかわってくることが注目され、予防歯科への注目が集まっています。

筆者としても、年を重ねても好きな物をおいしく味わうために、歯の健康を今一度見直してみようと考える今日このごろです。

予防歯科についてのお問い合わせは、下記でも歯科医師からのFAQを掲載しています。お気軽にご覧ください。

 

<こんな記事も読まれています。>

歯科医師監修|歯に穴が空いてしまった…。痛みがなければ放っておいても大丈夫?

歯科医師監修|【教えてドクター】あなたの歯は強い?弱い?~歯が欠けることの原因~

歯科医師監修|銀歯と白い詰めもの(被せもの)、どちらにすべき?費用やメリット・デメリットを総まとめ!

歯科医師監修|虫歯になってしまったら自然に治ることはない? 自然治癒を促すオーラルケアの可能性

歯科医師監修|【犬歯と八重歯の違い】とがった歯は八重歯だと思っていませんか?