MRT NEO株式会社
このエントリーをはてなブックマークに追加

虫歯じゃないのに歯が痛い!「謎の痛み」の原因と解決法

s_gf2160257693o
歯科医.com

「検診で虫歯がないと言われたばかりなのに、急に歯が痛み出した」「歯が痛くてたまらず歯科医院に駆け込んだら、虫歯ではないと言われて痛み止めだけ処方された」「虫歯の治療をした後なのに歯が痛い」という経験はありませんか?

実は、虫歯以外の原因でも、歯や歯茎が痛むことはあるのです。
今回はそんな「謎の痛み」の原因を探り、解決法とあわせてご紹介します。

 

「歯」に関係がある場合

 

突然の歯の痛みは、予想していないだけに肉体的なダメージよりも精神的なダメージが大きいものです。しかし虫歯の治療で詰め物をした後だったり、矯正治療中だったりすれば、ある程度痛みの原因の予想がつくのではないでしょうか。また、最近は定期健診でクリーニングする程度で、虫歯も無く、どこも治療していない……という場合でも、(3)のように歯が原因で痛みが生じる場合があります。

 

(1) 詰め物をした後の痛み

進行した虫歯を取り除いて詰め物をした場合、神経に近いところまで歯を削る必要があるため、神経にダメージが残りしばらく痛んだりしみたりする場合があります。

個人差はありますが、過敏になっている神経はおおよそ1~2週間程度で落ち着き、痛みも消えていきます。冷たいものや極端に熱いものなどを避けて、様子を見ながら過ごしましょう。あまりに痛む場合は、歯科医に相談してもいいでしょう。

 

(2) 矯正治療に伴う痛み

矯正装置をつけてしばらくは、歯が動く痛みを感じることがあります。この痛みは矯正装置装着後や調整後、約1週間程度がピークで、その後はだんだん落ち着いてきます。ズーンとした痛みや違和感が気になるのは当然ですが、必要な痛みであることを理解し乗り切りましょう。痛みの緩和には、硬いものを食べずやわらかい食事にしたり、やわらかなブラシで歯茎をマッサージしたりする方法、、場合によっては鎮痛剤を服用することも有効な方法です。

 

(3) 歯ぎしりが引き起こす痛み

就寝中、無意識に歯と歯をこすり合わせたり食いしばったりしてしまう歯ぎしり。あまりにも強いと歯に亀裂が入り、最悪の場合は割れて神経にまで影響を及ぼすことも……。最初のうちは冷たいものや熱いものがしみる程度ですが、亀裂が進むと急に強い痛みが出る場合があります。家族などから歯ぎしりの指摘を受けたら、できるだけ早く歯科医院に行き、マウスピースなどで治療して改善を図りましょう。

 

歯とは無関係なのに、歯が痛むように感じる場合

副鼻腔炎・神経痛・心臓疾患・精神疾患・帯状疱疹など、歯に原因は一切ないのに、歯が痛むように感じる病気もあります。

 

(1) 副鼻腔炎

歯の痛みに耐えかねて歯科医院に駆け込んだら「副鼻腔炎」と指摘された、というケースは珍しくありません。上顎の奥歯が副鼻腔に近いため、副鼻腔に炎症が起きて粘液が溜まると、圧迫された歯の根が痛むのです。上顎の奥歯、かつ1本だけではなく2~3本が痛む場合は、副鼻腔炎が疑われます。

副鼻腔炎は風邪が悪化して起こる急性のものから慢性的なもの、花粉症によるものなどさまざまですが、いずれも抗生物質を1週間程度飲み続けることで回復します。ただし、重度の場合は耳鼻科で粘液を吸い出してもらったり、薬を吸引で副鼻腔へ送ったりする治療が必要になるかもしれません。慢性的な場合は症状がひどくなる前に耳鼻科を受診して、痛みが出ないうちに予防できるようにしたいところです。

 

(2) 帯状疱疹

水痘ウイルスによって引き起こされる帯状疱疹は、初期の段階では汗疹か虫刺されのような発疹とピリピリとした痛みが出るだけなので、つい放置してしまいがちです。しかし、3日も過ぎると横になって休むこともできないほどの激痛に襲われます。そして発疹とともに神経痛が残り、これによって歯痛が誘発されてしまうのです。

早く発見できれば抗ウイルス薬で対処できるので、痛みを伴う発疹があるときは3日以内に皮膚科を受診しましょう。

 

(3) 心臓病

歯は、心筋梗塞や狭心症といった心臓に由来する痛みが出やすいところでもあります。しかし「歯が痛いから」といって歯科医院に行き、もしそこで虫歯が見つかってしまうと歯の治療に時間が費やされることでしょう。その間にも、実は心臓の症状は進んでしまうのです。

坂道を登ったときや重いものを持って動いたときだけ歯が痛む、「労作時の痛み」は心臓から来ている可能性があると覚えておきましょう。

 

このほか精神疾患では、肉体的にはどこにも悪い箇所がないのにさまざまな痛みを感じることがあり、そのひとつとして歯に痛みを感じることがあるようです。

歯の痛みが歯に由来するか否かはさておき、「痛み」が体からの何らかのシグナルであることに変わりはありません。痛みを感じたら、なるべく早く歯科医院へ行き、レントゲンなどで痛みの原因を突き止めましょう。

Text:藤巻史|監修医:並河 真先生(松下歯科医院

——————————————————————————————————-
【編集部コメント】

歯に関係ない原因でも、歯が痛むことがあるんですね。
心当たりがないのに痛いって、怖いですよね。
医科歯科.comでは、患者さんに親身に寄り添って一緒に痛みの原因を考えてくださる歯医者さんをご紹介しています。
少しでも「痛い」と感じたら、迷わずに検索してみてください!

医科歯科.com
——————————————————————————————————-