MRT NEO株式会社
このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは歯科検診を受けてますか?定期的に歯科を受診するメリットとは

予約スマホ Reservation
歯科医.com

歯医者というと、「痛い」「音が苦手」「怖い」「時間がかかる」といったイメージが強く、なるべくなら行きたくないと考えている人も多いでしょう。
たいていの人は、痛くなって初めて歯医者に行くのではないでしょうか?
しかし、痛くなってから行くのでは遅いのです!
何もなくても定期的に、歯科検診に行くことでメリットもあります。
こちらでは、歯医者の定期検診が必要な5つの理由についてご紹介しています。

定期検診に行くと虫歯の予防や早期発見が可能

虫歯の原因は酸が多い、唾液が少ない、歯磨きを怠っている、もともと歯の質が悪いなどいくつかあります。
虫歯は、知らない間にできていて、放置しておくと少しくらい痛くても我慢できてしまうため、なかなか歯医者へ行かず、悪化してしまうことが多いのです。
ただ、進行した虫歯は自然に治ることはなく、どんどん進行していきますので、症状が進むと
神経を取ったり抜歯することにもなりかねません。
定期検診に行っておくことで、自分の歯の質を知ったり、歯磨きの正しいやり方などを学んだりして、虫歯を予防できます。
そして、虫歯になったとしても定期的に検診を受けていれば早期発見が可能です。
美容院に行くような感覚で定期的に通われるようになることが理想です。

歯医者の定期検診で歯周病予防

歯周病は成人の80%もの人がなっていると言います。
自覚症状がなく、気がつくと悪化しており歯を失うこともあるのです。
歯周病の原因は、プラークや歯石の中に潜んでいる細菌が、歯肉の中に入り込んで歯の周囲の骨歯を溶かしていってしまうことです。
歯石になると、どんなに自分できちんと歯磨きをしたとしても取り除くのは難しいでしょう。
定期的に歯医者に検診に行くことで、歯石やプラークを取り、歯周病を予防できます。

定期検診で歯医者に慣れる

定期検診に行っておくと、歯医者に行くことが怖くなくなる上に、歯に対する意識が変わるので、日々の歯磨きや食べ物に注意するようになるでしょう。
そして、少しの違和感でも歯医者へ行くようになるので、悪化する前に治療ができます。

歯医者の定期検診に行って治療の痛みを軽減

歯医者の定期検診に行っていれば、本人が気づく前の軽い虫歯でも早期発見につながるため、早い段階での治療が可能です。
初期の虫歯であれば削らずに予防処置で回復するかもしれません。
虫歯は大きくなればなるほど痛みも強くなります。
早期の治療であれば、痛みも軽く治療も短くて済むでしょう。

歯科の定期検診は口臭予防にも効果的

自分では気づきにくく、他人も指摘しにくいのが口臭です。
口臭は人間関係にも響いてくるナイーブな問題でもあります。
口臭には様々な原因が考えられますが、歯科の定期検診で口内環境を把握することで、適切な処置ができ、口臭予防や改善につながるでしょう。

まとめ

定期的に歯科検診を受け、虫歯や歯周病などを予防することで、将来的に歯を健康に保つことで、歯科医院にかかりにくくなり、生涯歯医者さんにかかる医療費が安くなることも考えられます。
定期的に歯科検診を受け、予防しましょう。

 

お近くの歯医者で対応歯科医院を検索!

歯周病治療対応の歯科歯医者を探す!